勉強を楽しく正しく理解するために覚えておくべきこととは

目安を知ること

全体的な学費の目安について

通信高校の学費は、全日制の私立高校と比較すると、低めの傾向となっています。学校によってかかる費用に幅がありますが、1年あたりの学費はおおむね25万円〜50万円程度に収まることが多いようです。 通信高校は、自宅学習が基本となることが多いのですが、スクーリングも設定されています。そのため、自宅から無理なく通うことができるかどうかも学校選びのポイントとなります。 通信高校によっては、学校が提携して寮を紹介している場合もあります。寮生活を送る場合には、学費にプラスして予算を立てておく必要があります。立地にもよりますが、首都圏などの都市部の場合には、食事付きの寮で1カ月10万円程度見込んでおく必要があります。

登校する頻度によって学費が変動

通信高校は、カリキュラムがそれぞれ独自に組まれています。そのため、自宅学習がほとんどの割合を占めていて、季節ごとのスクーリングで対応するものもあります。また、通学の比率が高めで、週に3回程度通うコースもあります。 同じ学校の中で、週1回のコースや週3回のコースから、自分に合うものを選べる場合もあります。金額の面では、通学の回数が増えるにつれて、学費も上がっていきます。登校することで、直接指導が受けられる機会が増えますから、学習の効率は上がるといえるでしょう。 状況に応じて、週2回から毎日まで登校可能な学校もあります。また、学校に出席するのが難しい場合には、登校回数が少なくても卒業できる仕組みが整えられている学校もあります。