勉強を楽しく正しく理解するために覚えておくべきこととは

個別指導の塾

個別指導の塾が効率的

塾といえば、昔は集団指導だったのです。つまりは、学校の授業のような形でやっていたわけです。しかし、今ではそうした方法が主流ではなく、個別指導が基本になっています。個別に指導をするので、カリキュラムが各人にあるわけです。 だからこそ、個別指導の塾が主流になっているわけです。但し、個人指導ではないので、そこは注意することです。要するに一人一人指導はするが、一人の講師が同時にやることはあるのです。 仕切りのようなものを作り、そこで複数人の生徒を見るのです。もちろん、完全個別指導もあります。しかし、個別指導といえば、あくまで一人一人カリキュラムが違うだけであり、講師と生徒の一対一ではないので注意が必要になります。

個別指導の塾というのは

個別指導の塾、というのが最近ではポピュラーになっていますが、実は完全個別指導とは違うのです。 法律的な定義があるわけではありませんから、そこまで厳格でもないのですが、違いは理解しておいたほうがよいです。つまりは、個別指導というのは、個人別にカリキュラムを作るわけであり、二人一緒に勉強することはあるのです。完全個別指導というのは、一対一になります。例外はいくらでもありますから、基本的にはそうやって言葉を使い分けている事が多いですから、塾を選ぶときには注意したほうがよいです。 ちなみに当然ですが、完全個別指導のほうが月謝は高くなります。そのあたりのバランスも考えて、塾を選択することになります。評判を調べるのです。